CGcompo

3D、コンポジット、マッチムーブ、カメラ、撮影について色々書きます。

REDというカメラ

コンポジター周りで良く話題になるREDで撮影された素材は汚いという問題について実際のところどうなのか、ちょっと調べたメモ
実際にREDを使って検証したいのですが簡単に出来ないのでひとまずメモのみ。

※素材を扱うことはありますが、実際にオペレーションした経験はありませんのであしからず。
redlogo.png

・RED RAWというファイル/REDCODEファイル
REDのRAWファイルはRAWでありながら収録時非可逆圧縮されている。なので他のRAW形式と違いデータサイズが抑えられる。
圧縮方式はJPEG 2000と同じウェーブレット変換。(非可逆圧縮※JPEG 2000自体はは可逆圧縮も可)
※JPEG 2000と全く同じではなく仕様的にはカスタマイズされている。

圧縮設定はカメラの種類と解像度、撮影フレームレートで選べるものが変わるが、2:1~22:1まで設定できる。
数値が大きいほど高圧縮
データレートとのファイルサイズの関係性。
標準設定は 8:1 見た目上はほぼ無損失。おそらく国内ではこれで撮影されていることが多い。
RED社推奨は 6:1
The Amazing Spiderman やThe Hobbitなどの撮影監督達は5:1に近い設定で撮影している。
3:1がロスレス

例:EPIC 4K Full Format 24FPSの場合の圧縮率とデータレートの比較(簡易計算機使用
 3:1 93 MB/sec
 5:1 56 MB/sec
 6:1 47 MB/sec
 8:1 35 MB/sec
12:1 23 MB/sec


はい、何が言いたいかといいますとグリーンバック、ブルーバック撮影の場合8:1でも結構圧縮認識できるのでキーイング作業には影響が出ると言うことです。



ということでREDで合成素材を撮影するなら可能な限り低圧縮設定に変えて撮ったほうがコンポジターが幸せになる。

背景素材、撮りきりカットなどは8:1ぐらいでも問題は無いと思います。

RAWの段階で圧縮されているので後処理では何とも出来ません。またウェーブレット変換なのでデノイズしてもきれいになり辛い問題もあります。




ここで実際に撮影したサンプルを上げたい所ですが、無いので試しにJPEG 2000による圧縮劣化具合を見てみましょう。

F65から現像された4kEXR素材(TEARS OF STEELから)をBlenderで読み込んでJPEG 2000でわかりやすく少し圧縮率を高めのクオリティ85%で書き出し直したものです。
オリジナルEXR >50.6MB
JPEG 2000 85% > 3.85MB ※16bit 0,1クランプ

>4kPNGファイル プレビュー用にPNGに変換した物です(約50MB) 。

比較的わかりやすい部分の拡大比較。
RED_RGB.png
RED_R.png
RED_G.png
RED_B.png

Blenderの書き出したJPEG 2000のイメージがREDの印象に近かったので使いましたが、Photoshopでも書き出せます。
Photoshopで書き出したJPEG 2000の方がよりきれいでした。
※JPEG 2000は拡張性といくつかの規格、拡張子があり、結果にも違いが。


実際のREDの素材とは異なりますが、こんな具合の圧縮ノイズに遭遇したことありませんか??
これが普通でもREDの仕様的問題でもなく圧縮率の設定の問題です。もちろんノイズは出やすいカメラでははありますが。

実際の素材では特にBチャンネルが汚いことが多い気がするのですが、Bチャンネルがより高圧縮なのか?元々のBチャンネルのグレインが影響して汚いのか?気のせいかは不明ですがどちらにしろキーイング作業には中々厄介なノイズです。

元々REDのセンサーはタングステンライトで照明時、Bチャンネルにノイズが出やすいとか聞きますが最近のセンサーもそうなんですかね?

あとREDが使われる1番の理由のハイスピード撮影ではノイズが出やすくなるのライト強めでISOを低くするなどしてほしいですよね~


参考
REDCODEファイルの概要 http://jp.red.com/news/redcode-file-format-jp
raitank流 RED概説 http://www.raitank.jp/archives/14369
JPEG 2000 https://ja.wikipedia.org/wiki/JPEG_2000
圧縮率等での収録時間の簡易計算機> http://www.red.com/tools/recording-time
RED 101 http://www.red.com/learn/red-101


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cgcompo.blog134.fc2.com/tb.php/73-f6b876ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
; //

FC2Ad

//