CGcompo

3D、コンポジット、マッチムーブ、カメラ、撮影について色々書きます。

Blenderでカメラマッチ

自分用のメモも含め簡単更新。エープリールネタでは無いですw

実写の映像にカメラを合わせるには色々な方法があります。
マッチムーブもそのひとつですね。

Blenderのトラッキング機能は非常に使い勝手がよくすでに仕事でもちょこっと使ったりしています。
同じ3Dシーン内で色々操作、更新出来るのはBlenderならではですね!

ただしカメラが固定されていたり写真に対して合成したい場合通常は3Dシーンで目測
あるいは撮影時のデータを元に合わせる必要があります。
仕事の場合、角度、高さ等のデータをもらえることが多いですが最終的には目合わせになってしまいます。

そんな時に簡単操作でカメラを合わせてくれる便利なBlenderのAddonを2つご紹介。

1つ目
Introducing blam
http://www.stuffmatic.com/2012/01/introducing-blam/

2012/10追記 最新バージョン>blam_0.4 センターオフセット対応
https://github.com/stuffmatic/blam/downloads


2013/06/08追記 最新バージョン>blam_0.5 2.66~2.67で動作確認済み

http://stuffmatic.github.io/

最新バージョン情報はこちらから> [Addon] Camera matching add-on for modeling based on photographs

デモ・チュートリアル動画




XYZの軸を指定してカメラを合わせてくれます。同じような機能がついたマッチムーブソフトもありますね。
カメラの画角も合わせてくれるのでイラストやマットペイント、イメージベースドモデリングなど色々使い道が有りそうです。
ただXYZのラインが引ける必要があるので角張ったオブジェクトが写っている必要があります。


2つ目
object cameramatcher?
http://blenderartists.org/forum/showthread.php?248373-Addon-another-camera-matcher-script&p=2069344&viewfull=1#post2069344



こちらは目測で平面座標を合わせてそれに対してカメラの位置を合わせてくれます。
注意点としてカメラの画角(焦点距離+アパチャーサイズ(センサー))がわかっている必要があります。
そのかわり目測で平面をあわせたりもできるので大雑把にカメラを合わせられます。


Blender自体常に更新されていますので、どちらも動作保証するものでは無いです。各自ご確認を。

ちょっとメモがわりの更新です。
色収差についてまとめたいのですが自分の中でもしっかりまとまっていないのでもうしばらくお待ちを~
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cgcompo.blog134.fc2.com/tb.php/34-ec6a9632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
; //

FC2Ad

//