CGcompo

3D、コンポジット、マッチムーブ、カメラ、撮影について色々書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポートフォリオのPDF化

ポートフォリオをPDFにしておくと印刷も持ち歩きも楽になります。
複数ページをPDFにする方法はAcrobatを使う。InDesignを使う。Illustratorを使う。
デザインを考慮しなければWordなどを使うことも考えられますが、通常上の3つの方法だと思います。

映像系のProduction PremiumにはAcrobatもInDesignも付いていません…

と言う事でIllustratorでPDFを制作する小ネタを紹介します。

PDFにする利点は上記の通り印刷、持ち歩き以外にURLのを埋め込んだ場合直接ネット上の動画にリンク
を貼れる点です。

IllustratorではCS4からアートボードをひとつのドキュメントに複数配置できるようになったので、
これを使えば一応複数ページで書き出せます。


現在自分が持っているCS3ではアートボードの分割で複数ページの書き出しが出来ますが使い勝手は良く
ないです。
そこで、フリーソフトを使って、単品で書き出したPDFを連結したいと思います。
使うのはこちらpdfpdfpdf.comPDF InfoMakerです。

手順(使用バージョンCS3)
書き出したいIllustratorファイルを開き、別名で保存>ファイルの種類:PDF を選択します。
このときの注意点として、使用、表示しないレイヤー等は削除しておきます。これをしておかないと
ファイルサイズが大きくなってしまいます。

次に書き出しの設定。
一般の項目でまず「互換性のある形式」をAcrobat5(PDF 1.4)にします。これは今回使うフリーソフト
が単に1.4までしか対応していないためです。
次に、ファイルサイズを小さくするため編集機能を保持のチェックを外します。
Ai01.jpg

次に圧縮の項目に切り替え、画像の圧縮指定します。これにより、大きなサイズの画像を貼りつけた
場合適切なサイズにしてくれるのでファイルサイズを小さく出来ます。
だいたいの場合バイキュービック法で良いと思います。ppiの設定は150~300で良いようです。
基本初期数値で問題ないです。高画質の設定はプリセットを参考にしてください。
デッサンなどをグレースケール画像で貼り付けている場合そちらも設定します。
圧縮は自動(JPEG)等にし必要に応じて画質のモードを選択することでかなり容量をおさえれます。
Ai02.jpg

基本的には以上の項目を設定して書きだします。設定をプリセットとして保存しておくと便利です。
ページ番号で書き出しておくとあとの作業で分かりやすいです。

同じ作業をして全ページ書きだします。ページをレイヤーで管理してる場合少し手間になります。

続いて
pdfpdfpdf.comを起動して全ファイルを順番になるように読み込みます。
Ai03.jpg
あとは名前をつけて保存します。すると複数ページのPDFが出来上がりです!

最後にPDF InfoMakerを起動してファイル情報を編集しておきます。マナーです。
Ai04.jpg

見開きにしておくと印刷したときと同じ状態で表示出来ます。
Ai05.jpg

これでPDFのポートフォリオが完成です!ページ番号を振ってなければ、ページの追加や修正も簡単に
行うことが出来ます。

まあ学校のIllustratorCS4やInDesign使えよって話なんですがね。
以上小ネタでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cgcompo.blog134.fc2.com/tb.php/12-c4790310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
; //

FC2Ad

//

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。